top of page

ブログ

見て欲しい内容は敬体で書いてますが、個人の意見とか独断、偏見が混じった内容は常体で書いています。これは一個人の意見だと思ってください。

  • 執筆者の写真taisyo takaguchi

スーパーフォーミュラとアプリのお話。


一昨日、そして昨日と富士スピードウェイでスーパーフォーミュラが開幕しました。

今年からマシンやタイヤが大幅に変わり、テストも少ない中でのレースだったのでどこもデータ収集しているように見えましたね。


レースのことは機会があれば書くとして、今回、そして次回とメディアについて取り上げます。

今年といえば、やはりSFgoのアプリ正式リリース、そしてAbemaでの放送がレース界では話題となりました。


SFgo。昨年多くの試験を経て、今年からリリースされることになりました。

画期的なのは、全てのドライバーのオンボード映像、チーム無線、あらゆるテレメトリーがリアルタイムで見れるようになったことです。


見たことのない人を取り込むには、リアルタイムで見れるという事実そのものが大事なのではないかと思っています。

オンボード映像が見れるようになったことで、速さがより伝わるようになったのではないでしょうか。また、ドライバーのタフさ、凄さも感じやすくなったのではないでしょうか。

そしてこれが全ドライバー分あるということは、推しのドライバーやチームを見ることができるということです。

初めて見る人が次も見たいなと思うのは、レースが面白いこともそうですが、この人が好き、この人、チームを応援したいと思う「推し」ができた瞬間です。

ところがこの推しがテレビで映らなかったり、映る時間が短いとだんだん離れていきます。

このアプリが開発されたことによって、その推しをずっと見ていられるようになりました。特に迫力あるスタートや、最後のゴールシーンなどが見られるようになったことで、かなり惹きつけられるようになったのではないでしょうか。



とはいえ、ラグが多かったり、映像が途切れる瞬間が多々あったりします。

個人的にはリアルタイムじゃなくていいので後から質のいいものを提供しいて欲しいなと思うのですが、そこは多分コアな人たちの意見だと思います。

オンボードをしっかり見たい、データがオンボードとずれているなど課題はまだまだあいrそうですが、今後よくなっていけばコアな層も満足できるコンテンツになっていくと思います。


明日はAbema放送についてです。またお時間があればぜひ読んでください!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

マリオカートもレーシングカートも、本質は一緒である

最近よくマリオカートをプレイしているのだが、そういえば学生時代に(今も学生だが)自分がレーシングカートに乗っていることを他の人に説明すると、よく「マリオカートみたいな?」と言われていたのを思い出した。 今でもいう人が多いかもしれない。そして最初は「そんなんじゃない!!!」とイライラしていたが、次第に説明するのがめんどくさくなって、「そうそう、甲羅とかバナナは出ないけどね〜」みたいに軽く流すようにな

スポーツにおけるグレーゾーンは、その都度改善されていく。

こないだのF1を見ていたら、サウジアラビアでハースが、というかケビンがやった行動に賛否両論だった。それのおかげで角田がポイントを逃したこともあってか、X上では大いに日本人の議論が盛り上がった。 多くのF1ドライバーも発言しているように、もし仮に今後もあの行為が許されるならば、中団以降のドライバーやチームは容赦なく仕掛けるだろう。まして抜きにくい市街地コースでは下手すれば優勝、表彰台といった本来のポ

Comments


bottom of page