top of page

ブログ

見て欲しい内容は敬体で書いてますが、個人の意見とか独断、偏見が混じった内容は常体で書いています。これは一個人の意見だと思ってください。

  • 執筆者の写真taisyo takaguchi

マリオカートもレーシングカートも、本質は一緒である



最近よくマリオカートをプレイしているのだが、そういえば学生時代に(今も学生だが)自分がレーシングカートに乗っていることを他の人に説明すると、よく「マリオカートみたいな?」と言われていたのを思い出した。

今でもいう人が多いかもしれない。そして最初は「そんなんじゃない!!!」とイライラしていたが、次第に説明するのがめんどくさくなって、「そうそう、甲羅とかバナナは出ないけどね〜」みたいに軽く流すようになったのである。


子供の頃は何気なしにプレイしていたマリオカートだが、最近になって思うのは「似てるなぁ」って思うことが多々ある。たかがマリオカートでも、意外と勉強になることはあるのだ。




・立ち回りを考える=レースクラフトに直結する。

細かい話は抜きにして、マリオカートではいわゆる「逃げ」と「打開」の2通りで上位を目指せる。逃げはその名の通り最初っから上位に居続けてキープする方法で、打開は最初は下位からスタートしていいアイテムをゲットし、最後に逆転する方法である。


そしてこの考え方は、現実のレースでも当てはまる。1週目から逃げ切る戦法もあれば、ファイナルラップで抜きに行くレースもある。それは当日のコンディションやコースによってさまざまで、マリオカートでも順位やコース、展開によって変える。ほら、似てるでしょ??


・中団以降が地獄

炎上しかねないが、上位にいるときは常に「どうやったら勝てるか」を考えて行動する。それはつまり仕掛けるタイミングを考えたり、走法を変えたりする、ということである。


ところが中団以降に入ってしまうと、あるいはどれだけ経験を重ねても中団以降に入るドライバーは純粋に速さがないかもしくは、バトルが下手くそ、ということである。

なんとなくだが後者は、「自分が少しでも前に出たい、一個でもポジションを上げたい」みたいな純粋な考えしか持っていない。

レースは周回タイプである以上、「決められた距離をできるだけ速い時間で」走らなければならない。しかし、たとえば同じくらいのペースであれば後ろにいる方がスリップの効く分「速い」と勘違いしがちである。それで抜いちゃうけど実はあまりペース変わらなくて抜き返され。。。みたいな地獄が発生する。マリオカートでも大体中団以降は勝つことを考えていない。とりあえずスターで相手吹っ飛ばしとくとか、なんとなく甲羅投げてみるとかそんな感じである。


そもそも多分そこまで考えてレースしてない。純粋なゲームだから楽しめばいいと思うし、とやかくいうつもりも無い。




レーシングカートを説明するときによく引き合いに出されがちなマリオカート。

界隈はよく否定したり怒ったりするが、意外とその潜在的な部分は「レース」である以上、一緒なのだと思う。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

スポーツにおけるグレーゾーンは、その都度改善されていく。

こないだのF1を見ていたら、サウジアラビアでハースが、というかケビンがやった行動に賛否両論だった。それのおかげで角田がポイントを逃したこともあってか、X上では大いに日本人の議論が盛り上がった。 多くのF1ドライバーも発言しているように、もし仮に今後もあの行為が許されるならば、中団以降のドライバーやチームは容赦なく仕掛けるだろう。まして抜きにくい市街地コースでは下手すれば優勝、表彰台といった本来のポ

話題の件、何かモヤっとする

正月明けから世の中を騒がせている松本人志の性加害問題。最近は別の週刊誌が合成にも見えるような写真を出したことで一層注目を集めている。 僕としては正直、「まぁ、そんなパーティーぐらいいくらでもあるだろうし、そういうことがあるのも何となくわかるよね」みたいな印象しか持たなかった。 ただの一般人ですら、芸能界にそんな一面があることくらい容易に想像がつく。それを使っていろんなものを得た人もいただろうし、逆

Comments


bottom of page