top of page

ブログ

見て欲しい内容は敬体で書いてますが、個人の意見とか独断、偏見が混じった内容は常体で書いています。これは一個人の意見だと思ってください。

  • 執筆者の写真taisyo takaguchi

最近よく瑞浪にいます。

ホームページでもカレンダーを掲載していますが、年が明けるくらいから、瑞浪でMAXでトレーニングをさせていただいてます。


年の初め、4年ぶりくらいに乗った時は2日で首がしんどくなりました。

速さも世界大会に行った時に比べれば衰えていたので、かなりトレーニングさせてもらってます。晴れはもちろん、雨でも練習してます。3月ではハーフウェットの路面を乾かすという名目で60週連続で周回なんてのもありました。


今のJr.ドライバーって、雨とかハーフウェットになるとちょっと練習量減らすんですよね。特にハーフウェットになると走らない人が多いです。個人的にはそういう時こそ走るべきだと思うんですが、時代遅れなのでしょうか。

コントロールの練習にもなるし、レースでそういう場面が来るかもしれない。レース前の練習ならともかく、普段の練習ならメリットがとてもあると思うんですが。。

こういう状況での練習って何歳になっても学ぶことが多いと思います。


自分が小学生、中学生の頃は走る時間を無駄にしないという意味でも、朝イチやそういう路面は走ってたのを思い出しました。



普段は練習の写真は撮らないのですが、今回はとある方が取材をしてくださったのでその写真を拝借しています。

取材の内容についてはまた公開され次第お伝えします。


それではまた。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

マリオカートもレーシングカートも、本質は一緒である

最近よくマリオカートをプレイしているのだが、そういえば学生時代に(今も学生だが)自分がレーシングカートに乗っていることを他の人に説明すると、よく「マリオカートみたいな?」と言われていたのを思い出した。 今でもいう人が多いかもしれない。そして最初は「そんなんじゃない!!!」とイライラしていたが、次第に説明するのがめんどくさくなって、「そうそう、甲羅とかバナナは出ないけどね〜」みたいに軽く流すようにな

スポーツにおけるグレーゾーンは、その都度改善されていく。

こないだのF1を見ていたら、サウジアラビアでハースが、というかケビンがやった行動に賛否両論だった。それのおかげで角田がポイントを逃したこともあってか、X上では大いに日本人の議論が盛り上がった。 多くのF1ドライバーも発言しているように、もし仮に今後もあの行為が許されるならば、中団以降のドライバーやチームは容赦なく仕掛けるだろう。まして抜きにくい市街地コースでは下手すれば優勝、表彰台といった本来のポ

Commenti


bottom of page